京都の自転車愛好家

経ヶ岬灯台


遥か昔、丹後半島キャンピングで行ったはず?の灯台へ。
あまりにも日射しがキツイので、ずぼらをしてすぐ近くの袖志まで車で。
イメージ 1
 
走り始めた途端、左の茂みから音が・・・。
あっ猿、と思っていたら前の方では、親子の猿が道を横断中。
イメージ 2
 
坂を上り灯台の入口へつくと、なんやら大きな道が岬の方にのびている。
イメージ 4

当時は確か山道をずっと歩いたような曖昧な記憶。
同じ道と思われるルートを行き始めたらすぐに通行止めとある。
イメージ 3

仕方なく車ルートを行くが結構な坂道。
押した方が早いかもと思っていたら大きな駐車場に到着。
夕方なのに多くの車が止まっていてちょっとビックリ。
自転車はここに置いて、いよいよ山道。
イメージ 5
 
灯台まで400メートルとあり、楽勝と思ったが、
階段の幅と高さが大変歩きにくく、思ったより足にくる。
途中展望台への分れを過ぎて少し下っていくと、いう間に到着。
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
こっちが遥か昔の出入口かと思う・・・?
イメージ 10
 
戻って折り返し、山頂展望所へ。景色は見えず期待外れ。
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
入口に戻ってきました。
イメージ 14
 
思いっきり汗をかいたので、締めは宇川温泉へ。
イメージ 15

資料をひっくり返すと、1978年と38年も前に訪れた経ヶ岬。
しかし、本当に灯台まで行ったのか記憶が怪しい。
今度写真を探してみよう。
 
やっぱり行ってました。1978年7月31日。自転車はワンゲルのハイテンですね。
一番下の写真は、その日の丹後上野でのテント泊。イメージ 16
この写真を探すのに1時間かかりました。疲れた。
 
https://cycle.blogmura.com/ ←にほんブログ村 自転車ブログ
 
スポンサーサイト



京都の自転車愛好家

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:https://kyotojitenshaaikouka.blog.fc2.com/tb.php/584-603443ce