京都の自転車愛好家

山あそび「三世代の鐘ヶ坂トンネル・古道鐘ヶ坂峠・金山城址・鬼の架橋」


12月24日。以前から行きたかった三世代のトンネルめぐり。

でもそれだけでは味気ないなぁ、と色々調べていると、
峠道や城址や鬼の架橋など面白そうな所が一杯。

で、夕方から雨予想のため朝早く出発し、
公園手前にある新しい簡易パーキングへデポ。
イメージ 1

ここから、「鬼の架橋」が遠望できますが、
イメージ 2

えらい遠い。行きつくのやら
イメージ 3

右下には平成のトンネル入口がみえます
イメージ 4

坂を上り
イメージ 5

鐘ヶ坂公園を過ぎると
イメージ 6

イメージ 7

昭和のトンネル。ここは何度か通ったことがあります。
イメージ 8

次は明治の隧道。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

ここも鬼の架橋の展望台ですが、木が茂って見えません
イメージ 12

イメージ 13

流石に風格が違いますね。
何れも通り抜けは出来ませんが、桜と紅葉の時期限定で開放されるとのこと。
タイミングが合えば来たいところです。
イメージ 14

イメージ 15

少し戻って、いよいよ鐘ヶ坂峠の山道へ入ります。
明治の隧道が出来るまではこの道が本ルートであったようです。
イメージ 16

所々に倒木はあるものの、全体的には手入れがされ道標もあります。
イメージ 17

鐘ヶ坂峠に到着
イメージ 18

イメージ 19

峠からは巻き道と尾根道がありましたが、三角点を通りたいので尾根道へ。
イメージ 20

山頂到着。山名の表示は見当たりません。
(帰ってから調べたら点名は「鐘ヶ坂」でした)
しかし景色は最高。
イメージ 21

新しい石です
イメージ 22

イメージ 23

今から行く城跡の台形もよくわかります。
イメージ 24

一旦急坂を下り登りますと、また巻き道と尾根道があり、
次は巻き道を選択すると行く手を阻む大きな倒木。
イメージ 25

何とかクリアしここから金山の城址へ。
イメージ 26

城址到着。展望が素晴らしい。ここで簡単にお昼ごはん。
イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

次は「鬼の架橋」へ。その道中であろうことか分かれ道を見落とし、
おかしいと思いつつ、相当下ってしまうという大きなロス。
それでも気を取り直して押し登りやっと鬼の架橋に到着。
ここは最高。来た甲斐がありました。
イメージ 31

岩の上に上りましたが怖い
イメージ 32

でも絶景
イメージ 33

イメージ 34

元に戻り少し進むと寺跡。大正の時代には廃寺となっていたとのこと。
イメージ 35

イメージ 36

中央が割れた石鳥居
イメージ 37

鐘撞堂。小さく鳴らしておきました。
イメージ 38

イメージ 39

ここからは、トンネルめぐりの続き。
先ほど行った反対側の入口を目指します。
途中道標を見つけました。
イメージ 40

先ずは昭和のトンネル。
イメージ 41

イメージ 42

左の獣よけのフェンスを通り明治の隧道へ。
イメージ 43

隧道手前はぬかるんでます
イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

最後は平成のトンネル。
イメージ 48

デポ地へ到着
イメージ 49

今回の旅程は欲張りでしたが、知らぬ所を巡れて良かった。

近くで他にもエエとこも見つけたし。また来たいですね。

しかし、今日のルートで出会ったのはキツネのみ。と寂しい限り。
一人は気楽でいいのだが。

https://cycle.blogmura.com/ ←にほんブログ村 自転車ブログ
スポンサーサイト



京都の自転車愛好家

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

2 Comments


老鶏庵 says..."No title"
自転車連れて行くとこちゃいまっせ。
鬼の架け橋は行ってみたいですね、歩いて。
京都の自転車愛好家さんのブログは、
小生にとって観光案内書みたいなものです。
いつも へぇ こんなとこあるんやと見ています。
なかなか行けませんが、来年春には滋賀県の長い階段を登りに行きたいと思っています。
2017.12.25 08:29 | URL | #79D/WHSg [edit]
京都の自転車愛好家 says..."No title"
老鶏庵さん
いつもコメントを頂きましてありがとうございます。
お出かけの足しになれば幸いです。
今日のルートは案内板も多く設置され、たくさんの方が訪れているかと思いますが、全く人に会わず。小心者の私は心細しでした。
鬼の架橋は下から見上げたあとに行かれますと感慨ひとしおです。是非岩の上にも乗って下さいませ。
2017.12.25 12:36 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:https://kyotojitenshaaikouka.blog.fc2.com/tb.php/711-8f81662b